トイレトレーニング体験談

スポンサーリンク

発達障害児のトイレトレーニングといっても、トイレトレーニングの方法は健常児と同じ方法でやりました。

でも、発達障害児の場合、言葉の理解力が低かったりするので我が家の場合はかなり苦労しましたが(^_^;)

トイレトレーニングを始めたのは2歳の夏(2歳3ヶ月頃)だったのですが、もうホントに小学校に入ってもオムツ外れないんじゃないか?ってぐらい、頑なにトイレでしませんでした(汗)

そんな状態から、どのようにオムツが外れたのか?

結論から言ってしまうと、

「おまる」を使用した

です。

【トイレトレーニング成功までの道のり】

2歳3ヶ月頃~

・おまるからトイレに移行するのが大変だと聞いたため、初めからトイレに補助便座でやってみたけど、補助便座に座れるのに1ヶ月かかった(息子より1つ年上の子がトイレで座ってしてるのを見てやっと座れるようになった)

・昼間はパンツで、漏らすたびにトイレに連れて行って「ここでするんだよ」と教えてもわかってない様子

・時間を見ながらトイレに連れて行き、座らせるけどトイレットペーパーで遊ぶだけ

・ここでトイレトレーニングは来年にしようと私が諦める

3歳3ヶ月頃~

・3歳の夏になり、トイレトレーニング再開

・1年前と同じように昼間はパンツ

・時間を見てトイレに連れて行くけど全く出ず。トイレから出て、しばらくするとパンツにする(-∀-;)

・しまじろうのパペットで息子がトイレごっこみたいなのをするようになったのでトイレでするのはわかってきた様子

・3歳ということもあり私も若干あせってしまっていたため、ついつい怒ることもありトイレに誘っても拒否するようになる

・トイレ拒否になったため、このまま続けても・・・と思い中断

4歳頃~

・オムツが外れないまま保育園に入園

・相変わらずトイレには入りたがらない

・夏に私の実家へ帰省した時に「ここにはオムツないよ」作戦をしたところ、息子もトイレに入って頑張るものの出ず

・この経緯を療育先で話したところ「おまる使ったことないならおまるからやり直してみては?」と言われる

・息子に好きなおまるを選ばせ、アンパンマンのおまるを購入

・息子も自分で選んだためか、自ら進んでおまるに座る(子供に選ばせるのはポイントかも?)

・絵本や、しまじろうの「ひらがなボード」で遊びながらリラックスした状態でおまるに座ってたらついに出る!(おまる使用初日だったのでビックリしました)

・「すごい!もうオムツいらないね!パンツだとかっこいい~」などと褒めまくったら、息子自ら「パンツはく~」と言い出す

・さらに夜も「パンツがいい!」と言うので、おねしょされてもいいや~という感じでパンツのまま寝かせたら、朝少しちびった程度の量しか出てなくて、それ以降一度もおねしょせず夜のオムツも同時に外れる

2歳、3歳の時にあれだけ苦労したのに、おまるを使っただけであっさり外れてしまうとは・・・(^_^;)

でも息子にとってはとても大変なことだったみたいで、数日後熱を出してました。

おまるで成功してもトイレではなかなか出来ない状態だったのですが、保育園でもパンツで過ごさせてもらい、1~2週間ぐらい失敗を繰り返した後、保育園のトイレで出来るように。

家ではおまるでしてトイレではなかなか出来ませんでしたが、とりあえずオムツが外れただけでも良しとしよう!って感じでいたら自然と家のトイレでも出来るようになりました。

【関連記事】
言葉の遅れがある息子に対する声かけ
パニックになった時の対処方法
ひらがな、カタカナ(読み)の教え方
聴覚過敏にイヤーマフ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加