療育とは?療育について私が思うこと

スポンサーリンク

「療育」をネットの辞書で調べたところ

障害をもつ子供が社会的に自立することを目的として行われる医療と保育

と書かれていました。

療育と一言でいっても、ST(言語)やOT(作業療法)などいろいろありますが、私の考えでは、療育とは「集団生活での困難さや、苦手な部分をやわらげるために行うもの」だと息子を療育に通わせていて思いました。

うちの息子は3歳の時に療育に通うようになりましたが、初めて通ったところは5~6人のグループの集団療育(無料)でした。

当時、療育で伸びた部分はあるか?と聞かれたら正直よくわかりませんでした。

保育園に通うようになって集団の中で生活するようになってから随分成長したな~と実感することもありましたし、保育園に通う前は子育て支援センター(未就園児が遊べる場所)にもよく行っていたのですが、自分の思うがままに動き回っていた息子が先生に「待っててね」と言われて、たまにですが待つことが出来たりとビックリするような変化もありました。

そのような経験もあり、療育施設に通うだけが療育ではないんだなとも思っています。

【関連記事】
息子の療育体験談

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加