0歳の頃

スポンサーリンク

息子は、2006年4月に2220グラムの低出生体重児で生まれました。

現在も平均より小さく成長曲線には入ったことがありませんが、小さいながらも順調に大きくなっています^^

息子が生まれた病院は母子別室で、逆子で帝王切開での出産だったため、初めて授乳をしたのは生まれてから2日後でした。

小さく生まれたためか?哺乳力が弱く、母乳もミルクもなかなか飲んでくれずにとても心配したものです。

ところが、退院して自宅に戻ってからは病院でのことが嘘のように母乳をゴクゴク飲んでくれてビックリ!

出産した病院の看護師さんからは「家に帰って安心したんだろうね~」なんて言われました。

生まれたばかりなのに環境の変化を感じ取れるなんて赤ちゃんって凄いですね。

それからは授乳が楽しくて、早く泣いて起きてくれないかなぁなんて思ったりしてました(笑)

赤ちゃんって夜泣きがあったりして大変なんてのをよく聞きますが、息子は夜泣きもあまりなく、お腹がすいたりオムツが気持ち悪いなどの訴え以外にはほとんど泣かずに本当によく眠ってくれる子でした。

なので、赤ちゃん時代は育児で大変と思ったことがなかったです。

そうして迎えた3~4ヶ月健診。

問診表での心配事でチェックしたのは“まだ首がすわってない”こと。

私自身、初めての育児で首がすわってる状態というのがよくわかってなくて相談したのですが、保健師さんからは「もう首すわってますよ」と言われ・・・。

だから、いつ首がすわったのかわからずorz

健診を受けた時は、息子は4ヶ月に入って1週間もたってないぐらいだったから生後3ヶ月くらいの時にはすわってたのかな。

3~4ヶ月健診の直後に寝返りができるようになったりと、すくすく成長して行く息子。

ところが、生後6ヶ月頃には一人でお座りができるようになると育児書に書いてあるのになかなかできない。

生後7ヶ月に入っても一人でお座りする気配がなく、かなり心配で毎日起きてる時は椅子にベルトをして座らせてました。

そうしたら、生後8ヶ月になる直前によくやく一人でお座りができるように!

もしかしてこのまま一人で座れないんじゃ・・・なんて考えたりもしてたので、とても安心したのを覚えています。

お座りができるようになってからは、移動がほふく前進からハイハイに。

後追いもするようになりました。

そして、お座りできてから1ヶ月もたたないうちに、つかまり立ち→伝い歩きをするようになり、この頃から本当に目の離せない子になりました(;・∀・)

生後6ヶ月頃から始めた離乳食は、食はちょっと細いかな?という感じでしたがあまり好き嫌いなく色々食べてくれました。

【関連記事】
1歳の頃
2歳の頃
3歳の頃
息子の成長記録まとめ(0歳~6歳)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加