児童相談所での発達検査(療育手帳について)

スポンサーリンク

うちの場合、息子の発達について保健センター → 家庭児童相談所の順番で相談して行き、家庭児童相談所で児童相談所での発達検査をすすめられました(ややこしいですが、家庭児童相談所と児童相談所は別物だそうです)

検査をすすめられたのは3歳前で、発達に遅れがあるのは親の私から見ても明らかだったので予約を取ってもらうことに。

息子の成長について、ずっとモヤモヤした気持ちがあったので「これでハッキリする」と思っていたのですが・・・

児童相談所での発達検査は、

・検査結果から、診断はしてもらえない
(うちの場合は「自閉傾向の軽度の発達障害の可能性があるかなぁ」という感じで言われましたが、基本、自閉症とかの障害名は出されず「少し発達が遅れ気味」とか「発達がゆっくりしているタイプ」みたいな感じで言われることが多いようです)

・児童相談所での発達検査は、療育手帳の判定をしてもらうところ

このことを知らないで検査に行ったので、療育手帳の話をされても

「療育手帳って何??」

という状態で、多少の支援は受けられるし、とりあえず申請しとこうかなぁという感じで申請しました。

区役所で療育手帳の申請をし、1~2ヶ月後に発行されました。

その時に障害者支援のパンフレットみたいなのをもらったのですが、読んでみると療育手帳は知的障害者に発行される手帳だということを知りました。

発達検査の時に、知的な遅れについては何も言われてなかったのでショックを受けたのを覚えています(地域によっては知的な面で遅れがなくても状況を見て療育手帳を発行してくれるところもあるようです)

【関連記事】
病院での発達検査

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加